おぼんじゅーるBlog

サークル・おぼんじゅーるの活動を一つにまとめたブログです

★ 【ショタTS触手陵辱】「秀忠はバロール姫様になりたい!! 」→作品紹介 ★



★ 【ショタTS陵辱】「悪の幹部も正義の味方も役に立たない!!3」→作品紹介 ★



★ おぼんじゅーる作品 超絶『触手』特集!! ★


01

9月発売予定のショタ
相変わらず下手でごめんなさい
頑張ってるんだけどな…… 
なんか思うように描けないんだよね 

先日より告知しておりました
【女装ショタ】「息子が可愛いからって体躯ごと愛したいって思わないよね?」が
第二版になりました!!
http://www.dlsite.com/girls/work/=/product_id/RJ136011.html

初版のイラストから新規にイラストを書き下ろしました
再DLの方は上書き保存に注意してください
よろしくお願いします




全く関係ないけど寂しいのでラクガキ
矢切と秀忠
064

イリア描けばよかった……
気が向いたら描きます 

02
いつもの詰め合わせ



おぼんじゅ-る7月期新作が発売しました
【触手ショタ陵辱】「要がツンデレだからって体躯まで同じなわけないでしょ?」
http://www.dlsite.com/girls/work/=/product_id/RJ137869.html



先月から始まった初版限定イラストも付いてます
こんな感じです
03

一ヵ月後の八月中旬に第二版へ差し替えます
第二版はイラストが変わります
初版をお買い上げの方は再DLすれば二度美味しい企画です



6月期作品【女装ショタ】の差し替えはもうすぐです
今のうちに初版をゲットしてください
 http://www.dlsite.com/girls/work/=/product_id/RJ136011.html

次回作は8月中旬でいつものショタの異種姦物を予定しております
(本当に予定なので変更する可能性があります)
それではそれでは

要がツンデレだからって体躯まで同じなわけないでしょ?
540円/ポイント3%
寄生植物の標的にされたショタが触手攻めに……!!
18禁女性向け同人誌マンガPDFファイル
DMM.com版→http://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_095071/
デジケット版→http://www.digiket.com/work/show/_data/ID=ITM0101468/

天才悪魔召喚師である要

魔王からの指令で洞窟にすむ化け物の退治をすることに


要は単身洞窟へ乗り込む
そこで待ち受けていたのは寄生植物・スキューズ
あっという間に触手で絡めとられ、さらに白い肌があらわに


触手のもたらす媚薬を飲まされ体躯が火照って今にも白いのが出ちゃいそう……


そんな体躯に容赦なくイイ所を刺激されたら……!!

いいや……!!
こんな触手に負けるもんか!!
絶対デレないからな!!



あっ、……やだっ!!やめてっ!!
そんなとこ触ったら!!


----------------------------------------------------------------
触手×ショタ(ツンデレ)の陵辱物
触手の攻めに必死で耐えるもだんだん気持ちよくなって屈していくショタを味わう内容です

オリジナル全28P
表紙カラー
本編モノクロ

----------------------------------------------------------------
※初版限定・特典イラスト付き※
本編終了後に初版限定特別イラストを書き下ろしました
発売から約一ヶ月を目処に第二版へ差し替えます
第二版では別のイラストに変わります
第二版以降の差し替えは特に予定しておりません

初版から第二版を再DLされる方は上書き保存に注意してください
万が一紛失しても再発行できません
ご了承ください
----------------------------------------------------------------
2014年07月 初版

初版イラストちょっとだけ公開


-----------------------------------------------------

2014年08月追記
第二版イラストに変更しました
ちょっとだけ公開



-----------------------------------------------------
2016年04月追記
第三版
表紙を変更しました
-----------------------------------------------------
2016年08月追記
第四版
オマケマンガ2Pを追加しました

↑このページのトップヘ